ホルモンバランスが乱れないようにしたい!

健康と美肌のため、
ホルモンバランスを整えた状態でキープするというのはとても大切です。

簡単そうに見えて実はとても難しいホルモンバランスの整え方。

今現在ホルモンバランスが乱れているのか?
そうでなくても乱さずにする方法はないのか?という点に注目してみましょう。

このサイトではホルモンバランスの乱れとはどういったものなのか?
なぜそうなるのかを紹介し、ホルモンバランスを整えるためのノウハウを説明しています。

気軽にできるチェック方法

自己診断で簡単にホルモンバランスの乱れをチェックする方法があります。

まずホルモンバランスが乱れているかと自分で疑う症状としては、
生理前のイライラ感が激しくなったり生理痛がひどくなったりしたときではないでしょうか?

また毎月定期的に来ていた生理が、
周期が乱れて早く来たり遅くなったりした時も「なにかおかしいな」と思うかもしれません。

女性は、生理に関する様々な症状で、
ホルモンバランスの調子を確認することができると思うのです。

逆に何も気になることがないならば、
ホルモンバランスが正常に保たれていると思ってよいと思います。

ではホルモンバランスを乱さないように、
日頃から気を付けておくことはどんなことがあるのでしょうか。

基礎体温の測定

まず妊娠を望む人、そうでない人に関わらず基礎体温を測定していくということは、
ホルモンバランスの乱れを防ぐ方法になります。

基礎体温はホルモンの状態を明確に示してくれます。
排卵が確実に行われていて、生理と生理の間は何日あるかを把握することができます。

排卵後に体温が上がり生理がきて体温が下がる、
そしてまた排卵のころにかけて体温があがっていくという正常な基礎体温をキープしていれば、
ホルモンバランスの乱れを心配する必要は下がります。

ですが、月によって排卵日が異なったり、排卵日の体温の上りが非常にわかりづらかったり、
体温が下がったまま生理が来ているような状態だと、
ホルモンバランスが乱れているということが自分でもわかるようになりますよね。

基礎体温は朝起きてすぐに測定する体温で、
面倒だと思う人も多くなかなか続かないことも多いのですが、
自分の健康管理をする上でとても重要な役割を果たしてくれるんですよ。

生活改善も必須??

またホルモンバランスを乱さないよう食生活やライフスタイルも見直してみると良いですね。

いつも深夜まで起きていて睡眠時間が不足しているという人は、
出来るだけ早く就寝して睡眠時間を確保していくことが大切です。

睡眠は人にとってとても重要なもので、寝ている間に活動する細胞もたくさんあります。

疲れをしっかりとって翌朝気持ちよく目覚められる毎日を過ごすことで、
ホルモンバランスの乱れも防ぐ効果がでてくると思います。


ホルモンバランスを整えて健康な毎日を!

ホルモンバランスについて

体調を整えるコツ